M3当日

Posted on 31st Oct. 2010 at 23:52 by


去年秋に続き2度目のM3、無事終わりました。
参加された方々お疲れ様でした。
ご購入いただいた方々ありがとうございました。
CD聴かれましたら一言でもコメントいただけますと飛んで喜びます。笑

今回の曲についてコメント付けると、
hello, world:(自分の中で)やや試験的な作り方をした曲。詳しくは書きません(←
-273.15:前作aqubinationと同じ世界観を別の視点から。徐々に同じ曲調へと移っていきます。タイトル名は絶対零度の摂氏温度数より引用。
snowflakes -reflected style-:前作snowflakesをアレンジ。初音ミク使ってみたり四つ打ちJ-POP作ってみたりしたかったのでやってみました。
ただ、CD完成してから気づいたけど3曲ともコード進行が似てる。というか一緒。クロスフェード聴けばよくわかります。スケール違えど全曲F→G→Am。
もうちょっとコード進行勉強しなきゃ。一応2年間和声勉強したけどあんまり役立ってないなぁ、理論だけじゃなくて実践的なところも勉強する必要ありそう。まずは既存曲の分析からですね。

前回は購入者の半数が知人でちょっと内輪っぽくなってましたが、今回は開場早々から何名かの方々に買っていただいたり、真剣に視聴した後に買っていただいたり、とても嬉しかったです。
参加者の方々の傾向見ると「新作」というキーワードに反応する方が多かったですね。今回は前作とセットでイメージしながら作ったのでちょっとその辺は残念でしたが。

課題もいくつか見つかりました。
まず自分の音楽のベクトルが未だ定まっていないこと。どんな音楽作ってるんですかとよく聴かれるけどいつもどう答えるか困る。打ち込みといってもそれはスタイルであって音楽を表してないし、四つ打ちといっても幅が広すぎる。
去年音楽レーベルでインターンして思ったのは、音楽ビジネスで重要なのはプロモーション。同人即売会もお金で音楽をやりとりするのでビジネスと仮定しましょう。音楽の場合目に見えないので視聴してもらわないとどのような作品か認知してもらえない。しかしM3のようなイベントの場合沢山の人が参加し沢山の音楽があるので、買い手はどうやって音楽を判断していいか判らない。そこで「こんな音楽です」って一言で言えないと買い手に伝わらず結局どんなに頑張って音楽作っても聴いてもらえない。別にM3で儲けたいとかは思わないけど、自分の音楽をいろんな人に聴いてもらいたいしそれがきっかけでいろんな人とコミュニケーションとりたいから、まずは自分の音楽を明確化させなきゃ。
そしてもっと人の音楽を聴くこと。音楽を作ってる人とのつながりがもっと欲しい。けどただ単に曲書いて公開するだけじゃ全然つながりができない。積極的にいろんな人の曲を聴いてコンタクトとらなきゃ。色んな人と一緒に作品作ってみたいし。かれこれ2年ほど見てないけど、やっぱりニコ動は同人音楽で一番人が集まる場所みたいだからチェックしなきゃ。ついでに投稿してみようかな。
今回のM3でも他のサークル見て回りたかったけど、事前チェック不足で結局知人に挨拶しただけ。色々調べておきたかったけど結局直前まで制作に追われてました。次あたりは純粋にリスナーとして参加してみようかな、今までサークル参加しかしていないので。真剣に人の音楽を聴いて、イベントで挨拶してついでに自分のCDも名刺代わりに渡してみようかと。名刺もあるけど。
m3以外にも、音楽作ってる人同士のイベントやらオフ会やらあったら参加してみたいな。

ただ問題は就職。部署にもよるだろうけど内定先は普通に激務な会社なので音楽をする時間を捻出できるかどうか。さらに転勤の可能性もわずかとはいえゼロではないし。関東出たくない。一方でキャリアとして仕事も頑張りたい。何事にも常に全力投球が自分のモットーですから。
今のところ1年周期でM3参加してるから、次は来年の秋にCD3作目発表を目標にしようかな。次回作のイメージは既に固まってます。
あと今回試しに委託通販やってみようかなと思ってたりします。まだ決定じゃないですが。
無名の自分がどれほどの人に届くかわからないけど、これをきっかけにより多くの人に聴いてもらえたらいいなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - M3当日
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]